Just another WordPress site

育児休暇中の給与はもらえるの?

まだ生まれたばかりの子供は、目の離せない状態です。親御さんが面倒を見なければなりませんが、仕事との両立が難しいため、法によって定められたのが育児休暇です。休暇ですので、当然ながら育児休暇中は仕事をしなくなります。そのため、この間の給与はどうなるのかが気になるところです。
現時点では多くの会社で、休暇中に給与をもらえないようになっています。給与がないのはきついですが、その代わり、厚生年金や健康保険な"

" (さらに…)

未分類

サラリーマンが育児休暇を取らない理由

日本で働く男性のサラリーマンの殆どは育児休暇を取っていない状況で、男性サラリーマンの妻が育児をしている体質は依然として昔と変わらないです。サラリーマンの男性は昔から仕事一筋で、仕事に関係のない育児などに専念してしまうと、育児休暇によるブランクによるキャリアの面や出世などに影響をもたらす場合があるからです。子育ての為に仕事をしている男性が休んでしまった場合、仕事を引き継ぐ人などの問題があります。仮に

(さらに…)

未分類

育児休暇の取得に関する問題点と解決法

日本では女性の労働者に関しては、7割以上が育児休暇を取得していますが、男性に関してはほとんど育児休暇を取得していない事が問題点です。最近では育児の為に充てる休暇の期間を3年程度に延長して、これまでよりも長く育児に専念する事によって健全な育児の育成をするための政策を計画しています。現在の雇用のシステムでは、育児のために長期間の休暇を取ってしまうと業務に支障が出たり、休暇をしている人の代わりを採用しな

(さらに…)

未分類

日本とスウェーデンの育児休暇の取得率

スウェーデンでは子育てに力を入れている事で、男女に関係なく育児休暇の取得率は少なくとも7割は超えます。サラリーマンの男性が休暇を取って、乳母車に乳児を入れながら街中を歩く光景が日常的に見られます。国内で育児の要請のために休業を取得する事が当たり前になっていて、民間企業で働くサラリーマンでも育児を理由にして休暇を申請すれば、少なくとも1年間は必ず休暇が出来ます。スウェーデンでは昔は育児休暇の取得率は

(さらに…)

未分類

育児休暇を取る意義や目的とは

育児休暇を取る場合、会社で働いている男性や女性が乳児の育成の為に仕事を一定期間だけ休みます。特に女性の場合は赤ちゃんが生まれてから健全に養育する事が基本なので、仕事を休んででも少なくとも1年間は育児休暇を取得する場合が多いです。育児のために会社を休むのは、基本的に日本では男性よりも女性が多くて、女性が子育てをするという根強い考えがあります。従って、育児休暇に関しては女性よりも男性が取りづらい状況で

(さらに…)

未分類